KUMON もじ・かずボードの口コミレビュー

私がKUMON もじ・かずボードを買おうと思った理由は、息子の4歳の誕生日プレゼントにひらがなの練習が出来る物で、冊子タイプのドリルや、タブレットで練習するようなものではなく、自分でペンやえんぴつを持って何度も書いたり消したり出来るような練習帳をと思い探していたのがきっかけです。

KUMON もじ・かずボードの良い点は、専用のペンに水を入れて書く事で何度も書いたり消したり出来る所と、自分でえんぴつを持って紙に書くのと同じような感覚で文字を書く事が出来る所です。

表はなぞり書き用、裏はマスに合せて練習する用となっていて、6枚のボードでひらがな、カタカナ、数字の1~50を覚える事が出来ます。


さらに、それぞれ書き順もわかるようになっていたり、止めハネもはっきり書いてあるので子供にもわかりやすくなっています。

ただ、ボードを収納するケースがない事と、傷が付きやすいのが難点です。

子供にKUMON もじ・かずボードを使わせた感想は、自分で文字が書けるという事が嬉しいようで、こちらから言わなくても、自分から進んで喜んで使っています。

購入当初は毎日使っていましたが、しばらくしてからは毎日というわけではなく、気が向いた時にやってみるという感じですが、文字の形をちゃんと理解出来てきたようで、自分の名前は書けるようになったし、他の文字も何となく読んだり書いたりが出来るようになってきました。

子供にKUMON もじ・かずボードを使わせるときの注意点は、書き順などが書いてあるとは言っても、子供は好きな所から好きな順番で好きな所を通って文字を書こうとするので、一緒にやってあげた方が上達は早いと思います。

KUMON もじ・かずボードを使ったほうがいい人は、ひらがなやカタカナ、数字に興味を持ってきたお子さんや、えんぴつやペンでお部屋が汚れるのが心配という親御さんにおすすめしたいです。

KUMON もじ・かずボードは専用のペンに水を入れて書くので、インクで部屋や洋服を汚す心配もないし、水が乾けば繰り返し使う事が出来ます。

なぞって書く事で、キレイな文字を書く練習にもなるし、数字も50まで覚える事ができますよ。

タイトルとURLをコピーしました