あひるの輪投げ(あひるドーナツ)の口コミレビュー

私があひるの輪投げ(あひるドーナツ)を買おうと思った理由は安全で安いオモチャだったからです。

まだ、0歳時の赤ちゃん。

何でも口にいれてしまいます。

オモチャを探すのも一苦労。

飲み込まない程度の大きさで、つかみやすく、カラフルなオモチャをさがしていました。

また、振り回したりもするのでそんなに硬くないもの・・。

高いものを買っても気に入るかわからないし。

困っていたところ、いつも寄るDAISOにおもちゃコーナーがありました。

試しに覗いてみたら、1歳から遊べるおもちゃがたくさん!!

うちの子はまだ0歳だけど、それでも遊べるものはたくさんあります。

100円だし試してみる価値はある!と思い、もっとも柔らかくてカラフルなアヒルのなげ輪を買いました。

あひるの輪投げの特徴はなんと行っても6種類の色があることです。

赤ちゃんには色のはっきりしたおもちゃを好むと聞いたので、たくさんのいろがあるこの輪投げは最適でした。

また掴みやすく、大きさも少しずつ違うため、手の感覚を鍛えることもできます。

時には口に含んでかじかじ。柔らかいのか丁度よい 歯固め?感覚です。

プラスチック製品なので投げてもいたくありませんし、汚れてもすぐ洗えます。

毎日使うおもちゃなので安全で清潔に遊べます。

私の子供にアヒルの輪投げを使わせた感想は 遊んでくれてる!!です。

まだ一人遊びが慣れていませんが、静かだなあと思って様子をみると、輪投げを手に持って見つめたり、降ったり。

興味があるようです。

一緒に遊ぶときは輪っかをドーナッツと呼んで、「赤いドーナッツだね~。緑色のドーナッツもどうぞ~」「今ピンク色のドーナッツを持っているね~」など声かけ遊びができます。

また、ドーナッツを転がして遊んだり、アヒルを動かして声真似したりと、遊び方がたくさんあります。

どこオモチャよりも笑ってくれる回数が多いです。

子供にアヒルの輪投げを使わせるときの注意点は、もし歯などでオモチャを破損して顔や体に傷をつかないように見ていることです。

また、ポツン と小さな空気穴が開いています。

商品を購入する際、その穴からプラスチックがちくっと出てないものを選ぶべきです。

アヒルの輪投げを使った方がいい人は、まだ輪投げとして遊べない子供にオススメします。

手に持ちやすいため、赤ちゃんは輪っかを掴めると喜びます。

試してみる感覚で買ってみてほしいです。

DAISOに売ってるのですぐに手に入ります。

また、100円です。

バラバラに投げてしまっても、輪っかは4つしかないので片付けも楽です。

軽いので体に当たってもいたくありませんし、オススメします。

タイトルとURLをコピーしました