きらきらひかる! ピアノえほんの口コミレビュー

私がきらきらひかる!ピアノえほんを買おうと思った理由は、赤ちゃんとの遊び方に困っていたからです。

生後数ヶ月の我が子と日中ずっと二人っきりで、独り言で語りかけをするにも10分ほどで疲れてしまいますし、絵本も見ているのか見ていないのか怪しい感じでした。

ピアノ絵本なら、歌を歌って自分も赤ちゃんも楽しく過ごせるのではないかと思い、購入しました。

きらきらひかる!ピアノえほんの特徴は、その名前の通り、鍵盤が様々な色に光ります

楽曲の進行に倣って鍵盤をリードしてくれたり、自分で適当に弾いている時も光ります。

また、鍵盤の音は変更することができます

ピアノ、木琴、人の歌声、動物の声などです。

曲の雰囲気に合わせてみたり、子供の気に入った音に変えたりすることができます。

「簡単モード」にすれば、正しい鍵盤を押さえていなくても、デタラメで1曲弾き終えることができます。

小さい子供でも演奏を楽しめるようになっています。

私の子供にきらきらひかる!ピアノえほんを使わせた感想は、子供も私も楽しい!ということです。

低月齢の頃は、子供は光る鍵盤を眺めてみたり、ただ歌を聴いたりするだけでしたが、私は歌っていて楽しかったです。

それが、子供が徐々に大きくなるにつれて、子供が自分で鍵盤を押してみたり、ページをめくってイラストを楽しむようになりました。

一歳半の現在は、曲を流すとデタラメな歌を歌うようになりました。

自分でボタンを押して曲を流すこともできます。

鍵盤を動物の声モードにすると楽しいらしく、これは何の動物の声かな??などの語りかけにも使っています。

子供にきらきらひかる!ピアノえほんを使わせるときの注意点は、絵本部分のページを破られないようにすることです。

ボード紙ではなく普通の薄い紙なので、幼い子供は破ってしまいます

我が家のピアノえほんも既にセロハンテープだらけです。

また、うつむいて見ることになるので、鍵盤によだれが落ちがちです。

故障しないように気をつけないといけません。

きらきらひかる!ピアノえほんを使ったほうがいい人は、音楽が好きなお子さんをお持ちの親御さんです。

親自身、歌うことが嫌いではなければ尚良しです。

歌の数は21曲も入っているので、1周するだけでもちょっと時間がかかります。

子供と遊ぶのに、いい時間稼ぎになります。

子供も知っている曲が増えて楽しそうです。

子供に歌を教えたい、家の中でも楽しく遊びたい、と思うなら買って損はないと思います。

タイトルとURLをコピーしました